2005年02月03日

中学生のための自動車講座

はじめに

自動車とは私たち人間に限りなく近い機械であり、単に物を運ぶ「道具」という物では無い。自分のスタイル(個性)に作り上げたり、時を共存したり、出会いを楽しみ、別れを惜しんだりまさに家族であり、友達、恋人としての位置に属するのでは無いだろうか?

自動車の流通は年間400万台の新車が販売され、中古車流通としては年間610万台が国内で売買されている。
その中で時代の流れと共に新しい車が誕生し、その時々の人気色が脚光を浴びる。
携帯電話みたく人気色の流れは速くはないが、ボディーカラーによって個性を主張したりする。
不景気時期にはホワイト・ブラックが流行ると昔から言われているが、現在も時代を反映しているのか、ホワイト・ブラック・シルバーが人気であり、若い女性にはレッドが人気である。
ちなみに昨今の人気傾向としては、省エネの低燃費コンパクトカー(フィット・ヴィッツなど)と
多人数で広く使える3列シートワゴン(WISH・オデッセイなど)等が人気である。
最近は若い方の車への関心がパソコンや家電におされ気味でクーペタイプのスポーツカーが低迷しており、若年層の自動車への意識も変化してきている。
確かに最近は公共交通機関の発達によって、安城から名古屋まで20数分で行ってしまう。
車にお金を掛けるのなら服やエステ、パソコン、オーディオにお金を使った方が良いかもしれない。

しかし、車の便利さや、運転の楽しさ、うまい付き合い方を楽しんでもらいたいと思う。
これまで自動車の誕生から別れまで一台、一台個々に違う人生?車だから車生と言うべきか?私は多くの車との出会いを通じて機械以上の感情を覚え、うれしさや悲しさを感じ、難病(大きな故障)
を克服したときなどの感動は人と同じ大きなもので、まさにオーナーにとってはナンバーワンよりオンリーワン「世界にひとつだけの車」なのである。

今回は私たちの生涯と自動車の生涯を照し合わせ、自動車流通の仕組み・自動車への思いや接し方について間単に説明していきたいと思う。

自動車誕生
誕生
母なる大地
国内乗用車メーカー トヨタ・日産・ホンダ・三菱・マツダ・スズキ・ダイハツ
国内販売年間400万台が生産・出荷される。
全国の産婦人科(販売ディーラー)助産婦さん(営業マン)からオーナーに手渡される。

オーナーのセンス・趣向によって車を造る(カスタマイズ・改造)
成長

定期健診を受け健康状態を把握する(車検)
健康管理
万一の事故、病気には救急車にて病院に運ばれる。(JAF等のレッカー)
病気を検査・治療を受ける内科検診(整備工場にて整備士による分解整備)
ケガを治療する。外科検診(鈑金工場にて車体整備士による修理)
大きな物は大掛かりなオペ(手術)を行う。

売り出し(新車中古車への乗り換え)
オーディション
ホリプロスカウトキャラバン・アサヤン(全国110会場余りのオークション会場へ)
業者約30000社が未来のスターを発掘。

お化粧直し(中古車デビューの為に内装、外装を修理)
メイクアップ

中古車デビュー(中古車ディーラーにて展示)
デビュー
雑誌、インターネット、ケイタイサイトにて全国に情報発信

全国の中古車ファンから問い合わせ殺到。
出会い・結婚
理想の相手と結婚。

愛車としてメンテナンスをしながら愛される。
幸せな余生

悲しい別れ。
さよなら



【関連する記事】
posted by BIG MILLION at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。