2006年09月07日

保険は通販で大丈夫?

こんばんわ
今日は損害保険と生命保険について語ります。
最近、TVをつけると必ず1回はみる保険のCM。そのほとんどがTVショッピング的な保険の通信販売です。
損害保険(主に自動車保険)の通信販売形態シェアは全体の10%強だということですが、生保はア○コやアフラ○ク、アメリカンファミ○ーを代表する外資系生命保険がドンドン拡大しています。
本当にいいのでしょうか?
昔から保険屋と中古車屋は嫌われ者?のイメージがありますよね?
なぜかというと、「押し売り」感が強いからと言われています。
日本は高度経済成長の中、物が手に入った事で保険に入る余裕が生まれました。その際に「セールスレディー」というおばちゃんが一世風靡したわけです。
成人したら保険!結婚したら保険!子供を生んだら保険!なぜか?親族の中に「保険のおばちゃん」が存在し、なかば強制的に保険に加入する。
そのイメージが染み付いて毛嫌いしている事から、簡単で分かりやすく、しかも手頃な第三分野(ガン保険、入院保険など)を通信販売で自ら「選ぶ保険の時代」が到来しているようです。
しかし、保険に加入する方は、基本的に過去病気になったことが無い方です。
本当に保険の内容を理解しているのでしょうか?
いざ!ッて時に自分自身の理解と保険の長ったらしい約款の違いに気づいては遅いのです。
形の無い商品だからこそ、自分のため、家族の為に納得して保険選びをする事をお勧めします。
難しい話になってしまいましたが、当社では生命保険もアドバイスさせて頂きます。
自動車保険も生命保険もお客様に合ったプランで「嫌いな保険屋」から、「ありがとう」と言って頂く「保険屋」になりたいと思います。


posted by BIG MILLION at 20:42| Comment(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。